Tag Archives: ホテル

Kobe(神戸):Kobe Odyssey 神戸旅行ガイド〜ホテル編

世界23周の旅人の視点で、生まれ故郷の神戸を定番スポットから地元のディープな穴場までご紹介。神戸港の開港以来、世界中から外国人が訪れたこの街にはかつて日本最高とも東洋最高とも言われた歴史あるホテルがあった。震災で破壊された街は不死鳥の如く蘇り、当時を再現するようにクラッシックなホテルや個性的なモダンモダンなホテルまで、神戸らしい品格とセンスのあるホテルを楽しめる。

 

神戸旅行のモデルコース >

神戸旅行のエリアガイド >

 

神戸ホテル編の目次

 

* ホテルに関しては、グルメ編と同じく10年以上前の情報を含み、そこまで泊まり比べた訳ではなく、カフェやレストランを利用した時の雰囲気や、友達が泊まりに来た時に遊びに行ったり聞いた感想を踏まえた。また、ホテルにもゲストを選ぶ権利はある。このサイトの訪問者は心配ないと思うが、それなりのホテルに泊まって相応のおもてなしを受けることができなかった場合は、自分自信の身なりや振る舞いに問題がないかも見直そう。

 

三宮・元町

神戸の中心地で利便性を重視する人向けのホテルが多い。

オリエンタルホテル(旧居留地)

東洋一の美しい街並みと称えられた旧居留地に、日本最初のホテルとして生まれた歴史と伝統あるシティホテル。ロケーションならここ。

https://www.orientalhotel.jp/

 

ホテルオークラ神戸

メリケンパークにそびえ立つ35階建ての神戸を代表する高級ホテル。

http://www.kobe.hotelokura.co.jp

 

北野・新神戸

北野や新神戸に宿泊すると、何度も坂道を登ることになる。街並みの雰囲気は最高。

神戸北野ホテル

北野にある異人館のようなデザインのオベールジュ(宿泊施設付きレストラン)。レストランだからこそ料理にこだわった世界一と称される朝食。他の街では体験したいならここ。

http://www.kobe-kitanohotel.co.jp/concept/

ANAクラウンプラザホテル神戸

新神戸駅に直結、神戸の街並みを一望できるホテル。

http://www.anacrowneplaza-kobe.jp/

 

メリケン・ハーバーエリア

ハーバーエリアは、都市型リゾートの港町神戸を体験できる。

神戸メリケンパークオリエンタルホテル

http://www.kobe-orientalhotel.co.jp/

メリケンパークのユニークなデザインのホテル。270度海に囲まれた全室バルコニー付きのリゾートホテル。ハーバーの景色やライトアップを窓から見たいならここ。

 

ラ・スイート神戸ハーバーランド

http://www.l-s.jp/

ハーバーランドの全室70平米以上、テラス付きオーシャンビュー、ジャクジー完備のスモールラグジュアリーホテル。

 

六甲山・摩耶山エリア

街の喧騒から離れ六甲山の自然に囲まれ素敵な景色を眺めゆっくりできる。

オテル・ド・摩耶

http://www.hotel-de-maya.com/

摩耶山から神戸の夜景が魅力のホテル。

 

有馬エリア

有馬では温泉で癒され料理に癒され旅館に癒される。

兵衛 向陽閣

創業七百年の歴史と伝統が宿る旅館。

http://www.hyoe.co.jp/

中の坊 瑞苑

有馬で有数の老舗旅館。

https://www.zuien.jp

*要調査

陶泉 御所坊

鎌倉以来800年の歴史を持つ、近代化した有馬で、別世界の旅館。

月光園 鴻朧館

有馬で数少ない厳選を持つ宿。

月光園 鴻朧館

上記の別棟。

*要調査

天地の宿 奥の細道

料理の鉄人太田忠道の料理。

https://www.arima-okunohosomichi.com

*要調査

 


World Odyssey日本旅行ガイドSeries

世界23周の旅人の視点で、生まれ故郷の日本を定番スポットから地元のディープな穴場までご紹介。訪問せずにコピー&ペーストで乱立される旅行系メディアや記事のほとんどを商業広告で構成される旅行ガイドブックとは違う、ひとりで調査・執筆・撮影・編集した旅行ガイド。

#1 Kobe Odyssey 神戸旅行ガイド

神戸導入編
神戸観光編
神戸グルメ編
神戸ショッピング編
神戸ホテル編
神戸イベント編
神戸特集編

#2 Osaka Odyssey 神戸旅行ガイド

#3 Kyoto Odyssey 京都旅行ガイド

#4 Nara Odyssey 奈良旅行ガイド

#5 Himeji Odyssey 姫路旅行ガイド


執筆・撮影・編集

Ken Utsumi #u23ken

『World Odyssey: 世界23周の旅』5周目。2001年からノマドライフ。2003年トロント留学中に起業。Future Life/Work《未来の生き方/働き方》に挑戦し、海外留学・訪日外国人旅行・ドローン・Mac・クリエイティブ等を支援するエージェント、未来法人U23代表CEO/CDO。神戸生まれサッカー好き旅人。

 

Dubai(ドバイ):ドバイのホテル〜富と繁栄を物語る最高級5つ星ホテル

2017.4.6 Thu

2018W杯ロシア・アジア最終予選日本代表vsUAE代表観戦の旅。庶民もメトロに乗ってその豪華絢爛な建築作品を見るだけでもおもしろいドバイのホテル。第21話、「ドバイのホテル」。今回体験できなかった人も2019AFCアジア杯UAE大会の参考に。

前回の記事 >

 

ドバイのホテルの旅ブログ

Dubai Hotel

宿泊はしていないけどドバイ滞在中に外から見たり評判を聞いたりしたドバイの高級ホテルをまとめてみた。個人的には、ヨーロッパの伝統ある質実剛健な高級ホテルには叶わないけど、中東らしいフューチャリスティックでラグジュアリーなエンターテイメントという印象。世界一高い建物の記録をドバイ内で競争しているのもおもしろい。

 

ブルジュアルアラブ

Burj Al Arab

通称7つ星ホテル、全室スイート、ヘリパッドもあるドバイのシンボル。

高さ321m、1999年時、世界で最も高いホテル。

ブルジュアルアラブの過去Blob >

公式Web >

 

ローズタワー

Rose Tower

上空から見るとバラの形をしている、シェイクザイードロードにある代表的な超高層ホテル。

高さ333m、2007年竣工時は、ブルジュアルアラブを抜いて世界第1位の高さのホテル。

当初の構想は380mだったが333mに縮小された。

アブダビに本部があるロタナ運営。

公式Web >

 

JWマリオット・マーキス・ホテル・ドバイ

JW Marriott Marquis Dubai Hotel

*旧エミレーツ・パーク・タワーズ・ホテル・アンド・スパ(Emirates Park Towers Hotel & Spa)

ビジネスベイにある超高層ツインタワー。

高さ355m、2012年竣工時、ローズタワーを抜いて世界で1番高いホテル。

*現在は、世界で一番高いホテルは、高さ601mのアブラージュ・アル・ベイト・タワーズ(サウジアラビア)。

*ブルジュハリファ(高さ828m)は、ビル全てがホテルではないのでランキングから除外。

公式Web >

 

アルマーニホテル

Armani Hotel Dubai

ブルジュハリファ内にある世界初のアルマーニホテル。

ブルジュハリファの過去ブログ >

公式Web >

 

アトランティスザパームドバイ

Atlantis The Palm Dubai

人工アイランドのパームジュメイラにある超豪華エンターテイメンを楽しめる5つ星ホテル。

パームジュメイラの過去ブログ >

公式Web >

 

ワン&オンリー・ロイヤルミラージュ

One&Only Royal Mirage – The Palace

ドバイで最も美しいホテルとも言われる。モロッコ様式の「ザ・パレス」(235室)、アラビアン様式の「アラビアンコート」(172室)、コンテンポラリー様式の「レジデンス&スパ」(50室+3ヴィラ)の3棟がある。

公式Web >

 

ワンアンドオンリーザパーム

One & Only The Palm

ワン&オンリー・ロイヤルミラージュの姉妹ホテル。パームジュメイラの三日月の先端にある超高級リゾートホテル。

公式Web >

 

ジアドレスドバイマリーナ

The Address Dubai Marina

ドバイマリーナモールに直結し、ドバイマリーナの景色を望む5つ星ホテル。

ドバイマリーナの過去ブログ >

公式Web >

 

ラッフルズドバイ

Raffles Dubai

エジプトのピラミッドのような形をしたホテル。

公式Web >

 

Special Thanks

Dean


執筆・撮影・編集

Ken Utsumi #u23ken

『World Odyssey: 世界23周の旅』5周目。2001年からノマドライフ。2003年トロント留学中に起業。Future Life/Work《未来の生き方/働き方》に挑戦し、海外留学・訪日外国人旅行・ドローン・Mac・クリエイティブ等を支援するエージェント、未来法人U23代表CEO/CDO。神戸生まれサッカー好き旅人。

Dubai(ドバイ):ブルジュ・アル・アラブ〜7つ星と呼ばれたホテル

2017.4.1 Sat

2018W杯ロシア・アジア最終予選日本代表vsUAE代表観戦の旅。アルアイン・ハッザーア・ビン・ザイード・スタジアムで日本代表を観戦した後ドバイへ移動。ひょんなことから7つ星のホテルへ行くことに。「Dubai(ドバイ):ブルジュ・アル・アラブ〜7つ星と呼ばれたホテル」今回体験できなかった人も2019年AFCアジアカップUAE大会の参考に。

 

ブルジュ・アル・アラブのブログ

Burj al Arab

ドバイの旧市街でホームステイをしていたある日、ドバイ観光局からInstagramにメッセージが届く。以前にアップロードしたブルジュ・アル・アラブを撮影した「世界23秒の旅」動画と「ブルジュ・ハリファ」のブログ記事を気にいってもらえたらしい。そして、ドバイを日本人観光客にプロモーションするために、ブル・アル・アラブに招待するのでブログで記事を書いてくれないかと頼まれる。というわけで、ブルジュ・アル・アラブへ行ってきた。

世界23秒の旅動画:ドバイ編

7つ星ホテル

公式には5つ星で、究極のラグジュアリーさから世間ではしばしば7つ星ホテルと呼ばれる。ホテル側は、7つ星と宣伝していないとコメントしているけど、たしかにドバイの栄華を物語るブルジュ・アル・アラブは他の5つ星と同クラスには扱えない。

 

ヘリパッド・テニスコート・ゴルフ練習場完備

ホテルの屋上にはヘリパッドがあり、チェックイン、チェックアウトもできる。ゴルフ練習場やテニスコートとしても利用できる。

ヘリポートの予約はこちらから

 

全室202室メゾネットのスイート

最も小さいスイートで169平米、2012年CNNの世界の最も高価なホテルランキング第12位。全室パノラマオーシャンビュー、贅沢を尽くしたインテリア。各フロアにバトラー(執事)が24時間待機するレセプションがある。

ホテルの予約はこちらから

 

船の帆を模したデザイン

ドバイのアイコンとなる建築物にするため、ダウ船というアラビアの船の帆の形をしたデザインで設計。建物の影がビーチにかからないように計算されている。

 

世界初水族館レストラン「アル・マハラ」

牡蠣の殻とも呼ばれる高級レストラン「アル・マハラ(Al Mahara)」は、水槽を眺めながら食事をできる世界初の水族館レストラン。他にもペルシャ湾の絶景を窓越しに世界各国の高級料理を食すことができるレストランが豊富にある。

アフタヌーンティーの予約はこちらから

 

高級アフタヌーンティー「スカイビュー」

人口アイランドに建つブルジュ・アラブは、ドバイ本土から橋が架けられている。宿泊客かレストランの予約客しか入れない。言い換えれば、ホテルに入場できる最安値は、1万円ちょっとのアフタヌーンティー。

アフタヌーンティーの予約はこちらから

 

ブルジュ・アル・アラブの歴史

1994年に工事開始、1999年にオープン。高級ホテルチェーンのジュメイラ・インターナショナルが運営する。高さ328m、ローズタワー(333m)ができるまで世界一の高いホテル。

2004年に、屋上のゴルフ場でタイガー・ウッズが第一だを打つ。

2005年に、屋上のテニスコートで、アンドレア・アガシとロジャー・フェラーがテニスをした。

 

ブルジュ・アル・アラブの地図

 

ブルジュ・アル・アラブの行き方

メトロ、タクシー、リムジン、ヘリコプター

 

ブルジュ・アル・アラブの宿泊料金

一番安い部屋の宿泊費は一泊15万円。

ロイヤルスイートは、一泊250万円。

宿泊予約・料金のお見積りはこちら

 

ブルジュ・アル・アラブのレビュー

”最高です。”

”死ぬまでに宿泊したいホテル。”

 

ブルジュ・アル・アラブの外観

 

ブルジュ・アル・アラブの周辺

ワイルド・ワディ・ウォーターパーク

 

ラグジュアリートラベル関連記事

Abu Dhabi(アブダビ):ミレーツ・パレス〜黄金の宮殿パレス >

東カリブ海ロイヤルカリビアンクルーズ:クアンタム・オブ・ザ・シーズ〜洋上のホテル >

 

終わりに

さて、感のいい人は気づいたと思うけど、今日は何の日か知ってるだろうか。そう、エイプリルフール。今日のドバイ観光局の話は作り話で無料招待されてないし行ってない嘘。でもヘリパッドのテニスとか、嘘のような本当の話。普通のエイプリールフールに飽きてひとひねりした嘘がおもしろかった人は、Kenがブルジュアラブに行ってきたって、シェアしてエイプリルフールを楽しもう。ブログを書いてたら行きたくなってきた。死ぬまでに泊まりたいホテルのバケットリストに追加。その日までリアル体験レポートをお楽しみに。

 

Special Thanks

Farouq and Mohamed

Photos by Jumeirah International LCC


執筆・撮影・編集

Ken Utsumi #u23ken

『World Odyssey: 世界23周の旅』5周目。2001年からノマドライフ。2003年トロント留学中に起業。Future Life/Work《未来の生き方/働き方》に挑戦し、海外留学・訪日外国人旅行・ドローン・Mac・クリエイティブ等を支援するエージェント、未来法人U23代表CEO/CDO。神戸生まれサッカー好き旅人。