Category Archives: GUIDE

2015アジア杯オーストラリアを23倍楽しむ旅人のメモ

Dec 21, 2014

世界23周の旅をするKenが、AFCアジア杯オーストラリア2015を現地観戦する愛すべきサッカー馬鹿のみんさんへ、よく聞かれる質問や注意事項をシェアします。

→World Odyssey: 世界23周の旅について

世界23周の旅: 3周目

belohorizonte-brazil-germany 2

まぎれもなく世界23周の旅: 3周目のハイライト、2014年W杯ブラジルの旅。Future Travelの知恵と経験と人脈の集大成となった旅は、出会う旅人からも旅のワールドカップがあればベスト23に入ると言われた。

2003年にトロントで留学中に創業し11年目を迎えFuture Work《未来の働き方》に挑戦する未来法人U23は”いまを生きる”を実践する。

CEOはブラジルへ、創業期から支えたNo2は長期休暇をとりカナダ留学。賭けは成功した。功労スタッフは夢を叶え、狙い通り新たなリーダーが育ち、蓋を開けてみれば過去最大の収益。

2002年、母国でワールドカップが行われた時は、”いまを生きる”ために会社を辞めざるを得なかった。あの頃はクレイジーな夢とみんな笑った。あれから12年、ついに夢の生き方を実現できた。皮肉なことに、それはクスコで父の訃報を受けた翌月のことだった。

 

2015アジア杯オーストラリア

marakana-stadium-world-cup-final 6

カイピリーニャに酔い、シュラスコを喰らい、フォーホーを踊り明かした6月から半年。また熱い夏が南半球ではじまる。

ワールドカップでは挑戦者であった日本代表も、アジアカップでは前回のチャンピオン。ナタールやクイアバで唇を噛み締めたサポーターも、オーストラリアでは勝利の歌を唄える可能性が23倍高い。ともに決勝の地シドニーで歓喜の雄叫びをあげよう。

連覇を目指すアギーレ監督率いる日本代表の23選手も発表された。ミランの本田圭佑、インテルの長友佑都、シャルケの内田篤人、ドルトムントの香川真司、JリーグMVPガンバの遠藤保仁… 優勝あるのみ。

 

世界23周の旅: 4周目

whitehourse-northern-lights 2

3周目を終え23日間ほど、日本出張のような一時帰国。帰国しても部屋がないためリサーチも兼ねてシェアハウスを渡り歩いた。自分が経営する会社で、新人スタッフにはデュアルディスプレイとワイドデスクの最高のワークスペースがあるのに、たまに帰ってくるCEOの席はない。荷物はミニクラに預けている。これが本物のノマド。そして世界23周の旅: 4周目をKick Off。

東京・トロント・バンクーバーでFuture Work《未来の働き方》セミナーの講演をし、Be Crazy、いまを生きようと叫ぶ。常識に囚われた日本人には受け入れがたいライフスタイルだが、参加者のハートには届いた。

その後、11年間カナダで仕事をしながらまだ見ていかなったオーロラを見にホワイトホースへ行く。帰る直前に運命のオーロラが見えた話はまたいつか機会があれば。

クリスマスは、世界最新鋭の豪華客船Quantam of the Seasを初体験。カリブ海クルーズで真夏のサンタクロースとホリデーを祝う。一流になるために、背伸びして一流を知ることは大切。

ニューヨークでカウントダウンをした後、北欧をリサーチしてからオーストラリアへ向かう。

 

2015女子W杯カナダ

Scenery-vancouver-rockymountain06-20140804

気が早いけど6月にはカナダでは2015年女子ワールドカップの行われるので紹介しておく。移民の国カナダは心の先進国。ハッピーに生きる鍵がある。W杯をきっかけにもっと多くの人にカナダの魅力を知ってもらえたら嬉しい。

カナダはU23のホームで、ネットワークもあるので、イベントなどリクエストなどあれば気軽にご相談ください。

W杯FIFA公式サイト

 

世界23周の旅人メモ

アジア杯日程・会場

予選グループ

01月12日(月)16:00 @ニューキャッスル

01月16日(金)18:00 @ブリスベン

01月20日(火)18:00 @メルボルン

決勝リーグ

日本がD組1位通過した場合

1月23日(金)20:30 準々決勝 @シドニー
1月27日(火)20:00 準決勝 @ニューキャッスル

日本がD組2位通過した場合
1月23日(金)17:30 準々決勝 @キャンベラ
1月26日(月)20:00 準決勝 @シドニー

日本が準決勝負けた場合
1月30日(金)20:00 3位決定戦 @ニューキャッスル

日本が準決勝勝った場合
1月31日(土)20:00 決勝 @シドニー

 

※シドニーとニューキャッスルの移動は観戦チケットを持っていれば無料。

http://www.transportnsw.info/en/transport-status/events/2015/01/afc-asian-cup-2015-japan-v-palestine.page 

 

観戦チケット

アジア杯2015オーストラリアのチケットは英語でここから購入。
日本代表ゴール裏は$15からと良心的。現地手配でいいかな。

http://www.afcasiancup.com/ticketshome/en/?utm_content=buffer9233c&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer

真剣に書いた渾身のブログに閑古鳥が泣き、数時間で飲みながら 速攻で書いたブラジルチケット予約ガイドのブログにサーバーがパンクするほどアクセスがあったのはブラジル大会のいい思い出。

Facebookアウェイ観戦コミュニティのチケット情報

https://www.facebook.com/groups/jfa.away/

 

ビザ

Australiaはビザが必要。
http://australia.or.jp/visa/news/20141210_changes.php?utm_content=buffer70325&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer

*Australia入国に必要なETASとETAは同じもの。Electronic Travel Authority SystemのSがつくかどうかで、日本語にすると電子入国許可システム。

Brazilより簡単。ちなみにRussiaもビザが必要でとても手間なので注意。

宿

ホテルとは違う旅行をしませんか?
Airbnbの使い方とお得なクーポンは以下から。登録がまだの方はぜひどうぞ。

http://worldodyssey.net/airbnb/

世界23周の旅はホームステイが基本ですがAirbnbも使います。セレブが泊まる豪邸や有名デザイナー、超格安の宿、Airbnbで知り合った友達の母国で再会したり、本が書けるぐらいのエピソード。

真の旅人はFB,CSなどでホストをみつけよう。

タクシー

快適で、速くて、経済的な廃車サービス。無料体験をゲットしたい方は以下からどうぞ。タクシー業界に革命を起こす、いま一番応援しているサービス。

http://worldodyssey.net/uber/

オーストラリアの使い心地はわからないけど、世界の都市を旅行するならタクシーより断然おすすめ。トロントからホームステイ先まで公式タクシーなら80ドルぐらいのところが40ドルぐらい。しかもアプリで予約して数分で迎えに来てくれる。

航空券

航空券予約のポイント、登場までの流れはこちら。
http://www.u23.net/airticket/

オーストラリアの広大な国内移動はマイレージか陸路の工夫で節約。ブラジルはマイレージのおかげでピーク時期にもかかわらず超格安フライト。

両替

楽天プレミアやアメックスプラチナでプライオリティパスを取得しラウンジで快適な空の旅を。

*ブリスベン・メルボルンはプライオリティパスのラウンジなし。アメックスプラチナでヴァージンラウンジ利用可。

http://www.u23.net/exchange/credit-card/

海外旅行保険

個人的にもブラジルでは保険の恩恵をいっぱい受けました。

冒険するために保険はしっかり。海外旅行保険の落とし穴に注意。保険のプロも生命保険は加入しなくても海外旅行保険は加入してます。

http://www.u23.net/insurance/

持ち物

南半球は夏。綺麗なお肌を守るために日焼け止め必須。

現地でも買えるけど泳ぎたい人は水着とビーチサンダルも。

http://www.u23.net/baggage/

 

PR

未来を変える留学エージェントU23

オーストラリアやカナダに留学したい人は、無料で語学学校の紹介できるので気軽にご相談ください。

http://www.u23.net

旅人の知恵:航空券の予約がとれないときの知恵

世界23周の旅人の知恵

世界23周の旅のKenがおくる旅の知恵シリーズ

Wisdom is knowledge plus experience.
知恵とは知識と経験を兼ね備えていること。

*注意・・・旅する時間と場所とその人の旅のスキルにより非常に危険な手段もあります。その手があったかと気づきを与えるためのもので、そんな方法は大丈夫だろうかと思った人はやめましょう。

航空券の予約がとれないときの知恵

ワールドカップのようなイベント時には航空券が高騰、航空券の予約がとれない(泣)早めに予約するのが安いのはわかっているけど時間に縛られない自由な旅行をしたい。そんな時にものを言うのが知識と経験。航空券も宿も予約せずにブラジルに入国しその日の気分で旅をするKenがどうやって旅しているか旅人の知恵を紹介。

時は金なりでリサーチに時間をかけすぎるのはもったいないので、その時の状況に応じて費用対効果を考えよう。

1. マイレージで特典航空券

世界23周の旅奥義。旅人ならワールドカップ期間中ぐらいのマイレージは普段から旅していたら貯まっているのでは。航空券の価格と空席に複雑な仕組みがあり特典旅行の場合は空席があることも。

ex. フォルタレーザからリオデジャネイロまでスターアライアンス航空会社の公式サイトで$1,000以上の航空券が、12500マイルと数十ドルの空港使用税で予約できた。
2. 地元の旅人や旅行会社に相談

2. 地元の旅人や旅行会社に相談

地元の旅人や旅行会社に相談すると日本では考えられない裏の抜け道があるかもしれない。

3. LCCの暴落を待つ

リスクは高いが直前になるにつれて航空券代がLCCは安くなるのでギリギリまで待つと格安で予約できる場合もある。明日試合があるというような場合には、LCCが予約できなかった場合の、バックアッププランを用意しておこう。

ex. フォルタレーザからリオデジャネイロまでスターアライアンス航空会社の公式サイトで$1,000以上の航空券が、LCCで直前に$100で予約できた。

4. キャンセル待ち

リスクは高いが、満席の場合も航空会社にキャンル待ちできないか交渉する。運がよければ席が回ってくる。さらにどうしてもという時は席を譲ってもらえる乗客を探すという奥の手も。

ex. フォルタレーザからリオデジャネイロまでその日のフライトは全席満席だったが、当日空港で航空会社に交渉してリスティングの1番目にしてもらい予約できた。

5. 経路を工夫しフライトを乗り継ぐ

検索で出てくるルートだけでなく、遠回りでも便の空きがある空港や安く飛べる空港を経由して目的地に行けないか探す。または何度も乗り継ぐ。稀に一度出国して近隣諸国からの航空券の方がお得な場合も。時間があれば目的地以外の場所も旅行できると考えることもできる。だいたい時間と費用がかかるがごく稀にお宝ルートがみつかることも。

ex. フォルタレーザからリオデジャネイロに移動したいとき、フォルタレーザから最安値のサンルイスに行き、サンルイスからリオデジャネイロに飛ぶ。

6. 近隣の空港を利用

出発地または到着地の近隣の空港を探す。

ex. フォルタレーザからリオデジャネイロに移動したいとき、フォルタレーザから近隣空港のレシフェまでバス移動してリオデジャネイロに飛ぶ。またはフォルタレーザからサンパウロに飛び、サンパウロからリオデジャネイロまでバスで移動。

7. 世界一周航空券

リオデジャネイロ→ナタール→レシフェ→クイアバのようにコースが決定していたのなら世界一周航空券を購入しておくのも一つの手。出国前にルートを決める必要があるが、時間は変更できる。また出国後のルート変更も手数料を支払えば可能。高騰した航空券を何便も乗る場合は、世界一周航空券の方が安く購入できる。

7. 電車・バス

空路がだめなら陸移動。ブラジルのように長距離バスが発展している国もある。使い方によっては宿代も節約できる。

ex. フォルタレーザからリオデジャネイロまでバス
運賃$200以下、所要時間49時間

8. 船

海路も探す。

9. ヒッチハイク

リスクは高いが、時間あるけどお金がない時、ちょっと変わった旅をしたい時に。ガキの頃はよくしたけど、スキルが必要。

10. 移動しない

移動をしない方法を考える。そこまで時間とお金をかけてスタジアムに行かなくても、ファンフェスタやバーでおいしいお酒と料理を食べながら観戦するのも一興。

Barreirinhas(バヘイリーニャス):白い砂丘に生まれた碧き湖、レンソイス・マラニャンセス国立公園 Part 2

レンソイス・マラニャンセス国立公園 Part 1はこちら

Wed, June 11, 2014 

レンソイス・マラニャンセス国立公園の行き方

サンルイスのバスターミナルからバヘイリーニャスバスで4~5時間。
切符売り場で空港使用税のようなバスターミナル使用税を払う。
バスターミナルで食事もできるので出発前に食事を。途中で食事休憩はない。
シートは良いが道が悪くとても揺れる。酔いやすい人は食べ過ぎ注意。
ブラジルの長距離バスはエアコンが強いのでブランケットか上に羽織るものがあると嬉しい。
午後2時前に到着しすぐツアーに申し込むとギリギリ間に合う。日中と夕陽が観れる。
ツアーメンバーの帰りのバスにより夕陽をゆっくり観ずに帰るツアーもある。
砂漠までは四駆もボートで行く。
バスを降りるとそのためのツアーの勧誘が待っている。
四駆をチャーターすれば、サンルイス、バヘイリーニャス、パルナイバ、ジェリコアコアラ、フォルタレーザと感動の旅ができる。

lencoice-maranhenses-2-13

lencoice-maranhenses-2-12

 

レンソイス・マラニャンセス国立公園のアクティビティ

パヘイリーニャスに数社現地ツアーエージェントでいろいろなアクティビティがあるそれに参加するのが一般的。一部スタッフは英語も通じる。

lencoice-maranhenses-2-11

ウォーキング

見渡す限り白い砂漠と湖。ツアーで参加しても少し遠くまで歩けば誰もいない世界を独り占めもできる。ただし、遭難や蛇もいるので注意。

lencois-maranhense 5

lencoice-maranhenses-2-14

ジープ

四駆で砂丘に行くツアー。1時間ほどでこぼこのダートや水たまりを容赦なく走り激しく揺られる。世界中でいろいろなジープのツアーに参加したけど最高クラスの揺れ。

lencoice-maranhenses-2-1

lencoice-maranhenses-2-2

ボート

もう一つの定番川下り。砂丘や周辺の村を訪れハンモックに揺られたり高台から景色を眺めたり動物を観たりバギーに乗ったりできる。

lencoice-maranhenses-2 -4

lencoice-maranhenses-2 5

バキー

ボートツアーで寄る村の砂丘や海岸で無免許でバギーができる。運転の仕方はバイクとほぼ同じ。ぶっ飛ばすとめちゃくちゃ気持ちいい。一緒に旅したフランス人は飛ばしすぎて砂漠に転倒していた。アスファルトなら笑えない大けが。2~3人で乗ることもできるので運転できない人は誰かといっしょに。

lencoice-maranhenses-2-5

 

セスナ

ガイドブックで見る無数の湖はセスナに乗って上空から遊覧するツアーもある。(ホストと外国の旅人仲間とも話し値段が安過ぎW杯前の事故を避けまたの楽しみに見送り)

 

パヘイリーニャスの村

小さく静かな田舎町でリオデジャネイロやサンパウロの都市部と全然違う雰囲気。村の人々は人懐っこくとてもフレンドリーですぐ仲良くなれる。

lencoice-maranhenses-2-7

バヘイリーニャスの宿
安宿はハンモックのR$10(約500円)から。
水しか出ない宿、お湯も出る宿がある。
Wi-Fiがある宿でも壊れていることもある。
ホテルは調査してないので不明。

lencoice-maranhenses-2-10

バヘイリーニャスの食事
食事はローカルのレストランでR$10以下、港の観光地向けのエリアでR$20~50程度。
小さいけどお酒を飲んだり踊れるバーもある。
安宿の朝食がフルーツ盛りだくさんでよかった。
スーパーやコンビニのような店もあり宿で作ることも可能。

lencoice-maranhenses-2-9

バヘイリーニャスの交通
バイクはヘルメットはかぶらないし、自転車のように女の子乗りで二人乗りしているブラジリアンもいる。
モータータクシーというバイクのタクシーがある。
勧誘してきた人がホストに紹介してもらった宿の友達でバイクにスーツケースを持つという荒技で無料送迎してくれた。
ツアーエージェントが親切で車でだいたいどこか行く時は送迎してくれた。ただし行きのみで帰りはない。

レンソイス・マラニャンセス国立公園 Part 1はこちら


著者:Ken Utsumi #u23ken

『世界23周の旅』3周目中。未来の働き方・生き方に挑戦する。24歳のときトロントで起業。留学&就活を支援。未来法人U23代表CEO兼デザイナー。神戸生まれ、サッカー好き、旅人。

lencoice-maranhenses-2-8