Kashan(カーシャーン):古き時代の風景が残る歴史地区

2017.6.15 Thu

首都テヘランからイスファンの間にある街カーシャーンへバスで移動する。ペルシア時代にタイムスリップしたかのような街並み。イランのバスは超格安で、移動コストが圧倒的に安い。3時間バスに乗っておやつ付きで2,3ドル。

カーシャーンの旅ブログ

カーシャーン

イランのエスファハーン州、人口270000人の都市。歴史地区として有名。都市の名前はペルシア語のKashiを由来とする。

Historical House(ヒストリカルハウス)

歴史的建造物に囲まれてまるでペルシャ時代にタイムスリップしたような気分になる。

 

Tabatabei House(タバタベイハウス)

カーシャーンのヒストリカルハウスの代表的な建物。

 

Agha Bozorg Mosque(アガボゾモスク)

地下の中庭がある立体構造の珍しいモスク。

 

Bazaar of Kashan(カシュハンバザール)

旧世紀の風景が残るカシュハンの市場。

 

Scene of Kashan(カシュハンの街の風景)

旧世紀に戻ったかのような街の風景。

 

Special Thanks

Vhahid

 


執筆・撮影・編集

Ken Utsumi #u23ken

『World Odyssey: 世界23周の旅』5周目。2001年からノマドライフ。2003年トロント留学中に起業。Future Life/Work《未来の生き方/働き方》に挑戦し、海外留学・訪日外国人旅行・ドローン・Mac・クリエイティブ等を支援するエージェント、未来法人U23代表CEO/CDO。神戸生まれサッカー好き旅人。

Tehran(テヘラン):平和で寛大で混沌としたイランの首都

2017.6.14 Wed

イラン代表がW杯出場を決めラマダーンおかまいなしに浮かれるカオスなイランの首都テヘランを観光。名所を巡りながら地元のイラン人と交流し、これからの旅に向けて馴染みのないイラン文化を学ぶ。

テヘランの旅ブログ

テヘラン

イラン最大の都市で首都。人口約1220万人、イランの政治、経済の中心。

 

US Den of Espionage(旧アメリカ大使館)

イラン革命の際にイランアメリカ大使館人質事件の現場。

 

Tehran Bazaar(テヘラン・バザール)

広すぎて迷路に迷い込みそうな活気溢れる巨大市場。

 

Golestan Palace(ゴーレスターン宮殿)

テヘラン定番の観光名所。光り輝く鏡の宮殿。

 

Milad Tower(ミラード塔)

トロントのCNタワーを思い出すテヘランのシンボルタワー。

 

Azadi Tower(アーザーディー塔)

逆Y字のイランを象徴するテヘランのランドマーク。

 

Tabiat Bridge(タビアット橋)

レイラ・アラグニア作のテヘランの二つの公園を結び夜を虹色に照らす近代的な橋。

Abo-o-Atash Park(アボオアタシュ公園)

近未来なタビアット橋を渡った先にある宇宙感の溢れる公園。

 

 

Darband(ダルバンド)

山の麓、斜面に電灯を照らすケバブの美味しいレストランが並ぶテヘラン郊外の村。

Special Thanks

Soroush

 


執筆・撮影・編集

Ken Utsumi #u23ken

『World Odyssey: 世界23周の旅』5周目。2001年からノマドライフ。2003年トロント留学中に起業。Future Life/Work《未来の生き方/働き方》に挑戦し、海外留学・訪日外国人旅行・ドローン・Mac・クリエイティブ等を支援するエージェント、未来法人U23代表CEO/CDO。神戸生まれサッカー好き旅人。

Tehran(テヘラン):PASスタジアム〜2018W杯ロシア・アジア最終予選日本代表vsイラク代表の旅

2017.6.13 Tue

2018W杯ロシア・アジア最終予選日本代表vsイラク代表の旅Kick Off!

PASスタジアム

PAS Stadium / Shahid Dastgerdi Stadium

 

市民球場のようなスタジアム

今回のW杯アジア予選で一番小さい、日本の高校サッカーをするようなスタジアム。このアマチュアな雰囲気はアジア予選の醍醐味。ベンチもすぐそこで表情も確認できる。テヘランには、2006年W杯ドイツ大会の予選で日本代表とイラン代表が対戦した8万人収容のアザディ・スタジアムもあるが、今回は観客も少ないのでパス・スタジアムでの開催となったようだ。

暑さとの闘い

時間は15時、気温は35度。ピアノブラックのiPhone7の塗装が溶けるか回路が爆発しそうな灼熱の午後。日本代表を襲ったのわテロでもラマダーンでもなかった。ビーチで泳ぐなら一足先に夏がやってきたと気持ちいいど、サッカーをする天候ではない。スタンドで立っているだけでも辛く、日射病で倒れるサポーターがいてもおかしくない。ピッチで90分走り続ける選手の健康に被害もでるのではないだろうか。サッカーの勝負というより、暑さとの勝負。根性比べ。

安堵のゴールと痛恨のゴール

最近Twitterをはじめて話題の、この日に31回目の誕生日を迎える本田圭佑がキャプテンマークを巻く。炎天下の中で行われた試合は、試合開始早々に、本田圭佑のコーナーキックを半端ない大迫勇也が先制点。ゴールは砂漠でオアシスを見つけた時のような元気をくれる。前半30分、ハーフタイムを待たずに水分補給の時間を設ける。怪我人も出る消耗戦。暑さで流れ落ちる汗に冷や汗が混ざる場面もなんとかしのぐ。後半に入っても両チームとも酷暑で動きが鈍い。我慢比べみ負けずこのまま試合を終わらせたいところで集中力が切れる。蜃気楼でも見ていたのか何が起きたのかかわからない痛恨の失点。フィールドに倒れる日本代表に反撃する力はもう残っていなかった。グループの残り試合のカードを見ると勝ちたかった試合。応援してるサポーターも倒れそうなのに、灼熱の太陽の下で90分闘った日本代表を責めたくはない。アウエイで勝ち点1、次ホームでオーストラリアに勝てばOK。試合終了した頃にテヘランも少し日が落ちていた。今からキックオフでちょうどよかった。

格安の旅

今回の旅で特筆すべきは旅費。航空券代を除けば、2泊3日のテヘラン観光とサッカー観戦で、$23も使っていない。移動は、東京の地下鉄ぐらいの料金で乗れる格安タクシー。市バスや地下鉄は破格の数セント(数十円)。ヒッチハイクしたら無料。宿泊先は、SNSで知り合ったホームステイに無料で泊めてもらう。食事は、ホームステイや外交官になった古い友達の家でイラン料理をご馳走になったり、地元のバザールに行けば食べきれないくらい大きなイランのサンドイッチもたったの1,2ドル。観戦チケットは、購入しようにもチケット売り場もなく、W杯予選の試合を無料で入場。他の物価と比べて高く感じるのはゴーレスターン宮殿などの観光地の入場料。イラン人は癖はあるけどフレンドリーでいい奴らが多い。アルコールは日本の3倍以上するけど、航空券さえLCCで安く手配できれば、こんなに平和で安く旅できる場所はなかなかない。

PASスタジアムの歴史

2002年に設立、収容人数8,250人。

イラン・イラク戦争の死者の名前からとった、シャヒード・ダストゲルディ・スタジアムという名前もある。

 

主な試合歴

AFC U-16 2016の会場

 

PASスタジアムの地図

 

PASスタジアムの行き方

テヘラン中心街からタクシーで約20-30分、数百円。

メヘラーバード国際空港からタクシーで約2-3分。

 

PASスタジアムの入場料金

イベントによる

 

PASスタジアムの予約方法

イベントによる

 

PASスタジアムの開館時間

イベントによる

 

PASスタジアムのレビュー

”暑い。屋根が欲しい。”

”少年サッカーか草サッカーの市民球場みたい。”

”周りにもスタジアムにも売店はない。

 

Special Thanks

Soroush

 


執筆・撮影・編集

Ken Utsumi #u23ken

『World Odyssey: 世界23周の旅』5周目。2001年からノマドライフ。2003年トロント留学中に起業。Future Life/Work《未来の生き方/働き方》に挑戦し、海外留学・訪日外国人旅行・ドローン・Mac・クリエイティブ等を支援するエージェント、未来法人U23代表CEO/CDO。神戸生まれサッカー好き旅人。