Category Archives: ASIA

Abu Dhabi(アブダビ):エミレーツ・パレス〜アラブの黄金の宮殿

2017.3.21 Tue

2018W杯ロシア・アジア最終予選日本代表vsUAE代表観戦の旅。ロンドン・ヒースロー空港からエティハド航空のエアバスA380で飛んでアブダビ国際空港へ到着。ホストにダウンタウンのドライブへ連れて行ってもらいラストはここ。第3話、アブダビの黄金の宮殿「エミレーツ・パレス」。今回体験できなかった人も2019AFCアジア杯UAE大会の参考に。

前回の記事 >

 

エミレーツパレスの旅ブログ

自称7星ホテル(*公式には5つ星)のエミレーツ・パレス、砂漠の街に黄金に輝く宮殿。入り口はVIPと一般に分かれている。

金色に輝く宮殿

 

黄金の間

金の扉を開けて中へ入ると、まさに王の宮殿。

 

黄金のインテリア

インテリアから小物、天井まで金、金、金。

 

金箔のカプチーノ

有名な24カラット金箔のカプチーノ。

 

エミレーツパレス金の自動販売機

Gold Barは廃止。

 

エミレーツパレスの客室

宿泊なしのカフェ訪問のみ。

 

エミレーツパレスの服装

それ相応のドレスコードで。

 

エミレーツパレスの歴史

2005年3月に開業。アブダビ首長国から2007年にケンピンスキー・グループの所有に。Fast Furious Sky Missionの撮影場所。

 

エミレーツパレスの地図

住所:West Corniche Road – Ras Al Akhdar – Abu Dhabi

 

エミレーツパレスの外

エミレーツパレスの中

エミレーツパレスの行き方

レンタカー、タクシー、バス。

 

エミレーツパレスの周辺

エティハドタワーズ

エミレーツパレスの目の前。バーや客室からも見える。

 

エミレーツパレスの予約方法

エミレーツパレス公式サイト:https://www.kempinski.com

 

エミレーツパレスのレビュー

“黄金の城といえば、金閣寺かエミレーツパレス。”

“死ぬまでに泊まりたいホテル23”

 

Special Thanks

Mahmoud

 


執筆・撮影・編集

Ken Utsumi #u23ken

『World Odyssey: 世界23周の旅』5周目。2001年からノマドライフ。2003年トロント留学中に起業。Future Life/Work《未来の生き方/働き方》に挑戦し、海外留学・訪日外国人旅行・ドローン・Mac・クリエイティブ等を支援するエージェント、未来法人U23代表CEO/CDO。神戸生まれサッカー好き旅人。

Abu Dhabi(アブダビ):エティハド航空〜中東アラブのフラッグキャリア

20182017.3.20 Mon

2018W杯ロシア・アジア最終予選日本代表vsUAE代表観戦の旅。第2話は、ロンドンからアブダビへ向かう空の上から。エティハド航空。今回体験できなかった人も2019年アジア杯UAE大会の参考に。

前回の記事 >

世界23周の旅レポート

夜は飛行機が宿

エティハド航空(Etihad Airline)EY18便、20時ロンドン発、翌日7時15分アブダビ着、エアバスA380(*1)に乗って7時間のフライト。深夜便は移動時間と宿泊費用を節約する旅人の知恵。到着日から元気に活動するために、マイレージが貯まっていればビジネスクラスへアップグレードできると理想。そしてエディハド航空ならでは、ファーストクラスを超える「ザ・レジデンス」(*2)もいつかの日か体験してみたい。

はじめての今回はエコノミー。それでもオイルマネーで潤うアラブ首長国のフラッグキャリア。最新設備のシートとアラビアン美人CAが迎えてくれる。アフリカや南米の国内線の古い機体のビジネスクラスより上ではないだろうか。航空会社の個性が出るボーディングの映像も音楽もクール。座席にコンテントがついているからMacやiPhoneも充電できるし、Wi-Fiも有料で使える。おいしくない機内食も他と比べるとだいぶまし、この前アカデミー6部門受賞したミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』を鑑賞しながら空の旅を楽しむ。しかもラッキーなことに空いていたから一番前の足の広い3列シートを独占。

それからおもろしことがあった。”この日、この時、この場所で出会うことは、偶然ではなく必然。なにか共通のものがある可能性は、通常より23倍ぐらい高い。”前回のブログでそんなことを書いたけど、アルアインへ向かうサッカー馬鹿友達と再会。ブラジルでも南アフリカでも会っている。しばらく日本人と会わない場所にいたので、久しぶりに日本語で会話をして、日本代表サッカー熱があがってくる。試合のあるアルアインへ行けば、他の日本代表サポーター仲間とも約束をしなくても会えるだろう。

 

【解説】

*1 エアバスA380・・・欧州エアバス社の超大型旅客機。ボーイング747を「ジャンボジェット」と呼んだことになぞらえ「スーパージャンボ」と呼ばれることもある。

*2  ザ・レジデンス(The Residenc)・・・ファーストクラスの上をいく、リビング、ベッドルーム、シャワー、執事を備えた完全なプライベートと最上のホスピタリティを備える空の上のスイートルーム。

エティハド航空公式サイト:http://www.etihad.com/ja/experience-etihad/flying-reimagined/the-residence/

 

エティハド航空について

アブダビ国際空港を本拠地とするUAEの航空会社。潤沢なオイルマネーで一躍世界のトップエアラインに。

「エティハド」とは、アラビア語で「連合」を意味する。

エティハド航空公式サイト:http://www.etihad.com/

 

エティハド航空のマイレージ

3大アライアンスには加盟しておらず独自マイレージ。ANA、ニュージーランド航空などアライアンスを超えた航空会社と提携。

 

エティハド航空の荷物

ウエストジェットでは機内持ち込みできたミニキャリーとバックパックの2つはNG。

 

エティハド航空の座席

 

エコノミークラス、ビジネスクラス、ファーストクラス、その上のザ・レジデンスがある。

MacもiPhoneも充電できる。

 

エティハド航空の機内食

 

他のエアラインのエコノミークラスと比べて圧倒的に高級感がありおいしい。

 

エティハド航空の評判

格安チケットの場合の、キャンセルや変更の規定が厳しいことを除き、フライト体験はすばらしい。

 


執筆・撮影・編集

Ken Utsumi #u23ken

『World Odyssey: 世界23周の旅』5周目。2001年からノマドライフ。2003年トロント留学中に起業。Future Life/Work《未来の生き方/働き方》に挑戦し、海外留学・訪日外国人旅行・ドローン・Mac・クリエイティブ等を支援するエージェント、未来法人U23代表CEO/CDO。神戸生まれサッカー好き旅人。

 

Dubai(ドバイ):カウントダウン2017〜年越し花火、下から見るか?横から見るか?上から見るか?

 

世界で一番のニュー・イヤーズ・イブ・カウントダウン花火と言えば、世界中から100万人を超える人々が集まるドバイ。それはもう文字通り桁違い。そのスケールを解説しよう。2014年のギネス記録で、ドバイの花火は6分間で50万発、予算6億円。それまでの世界記録は2013年、クウェートの花火7万発、13億円。隅田川花火大会は、90分で2万発、費用約1億5千万円。

約94kmに渡って繰り広げられるショーのメインステージは、世界一高い建造物ブルジュ・ハリファ。それまで世界一高い建造物だった台湾101ビルとその年越し花火をスケールアップしたビルから吹き出る赤や青の火花。運よく近くまで行けた人は、世界一広いドバイモールにある、世界一高い噴水のドバイ・ファウンテンの光と水の演出も堪能できる。

そしてショーは続く。ここから導火線のように、もう一つのステージへ炎はほとばしる。7つ星ホテルとも言われる世界一星の多いホテルブルジュ・アル・アラブ、そして宇宙からも見える世界一広い人工島パームアイランドから一斉に打ち上げられる花火は、冬の空を明るく照らし、幻想的な世界へ連れて行く。贅沢の限りを尽くす。

スタッフとの縁で訪れたドバイ。ドローンを飛ばしたり前後のステイ期間も含め、一生忘れられない年越しになったのは言うまでもない。世界を魅力し続けるために自ら記録を塗り替え続けるドバイは、何回来てもしばらく飽きることはないだろう。ニューイヤーズもまた来るだろう。その時はどこへ行こうか。震源地の真ん中へ飛び込み花火を下から見るか、超高層ホテルやレストランを予約して優雅に花火を横から見るか、贅沢にヘリコプターに乗って上から見るか。

 

世界23周の旅人メモ

ブルジュ・ハリファ・ニューイヤーズイブ花火の基本情報

ドバイニューイヤーズイブ花火世界記録参考記事:Official: Dubai smashes largest fireworks display world record with New Year’s spectacular

ドバイニューイヤーイブ花火ガイド動画

ブルジュ・ハリファエリア花火鑑賞TIPS

以前は無料だった噴水エリアは、事前に有料観覧席のチケットの手配が必要。当日は夕方ぐらいからドバイモールや周辺の観覧特設会場へ入場規制がはじまる。イラスラム圏らしく男ソロと男グループは、女子供連れグループと隔離される。バリケードの向こうは飢えた狼かピラニアの群れ。隅田川の花火やNYのカウントダウンと比べて移動を除き鑑賞環境はだいぶ快適。帰宅路は地下鉄ドバイモール駅は封鎖され、シャトルバスまで徒歩の渋滞、バスで地下鉄下鉄の駅まで車の渋滞、そこからタクシー争奪戦。

 


執筆・撮影・編集

Ken Utsumi #u23ken

『World Odyssey: 世界23周の旅』5周目。2001年からノマドライフ。2003年トロント留学中に起業。Future Life/Work《未来の生き方/働き方》に挑戦し、海外留学・訪日外国人旅行・ドローン・Mac・クリエイティブ等を支援するエージェント、未来法人U23代表CEO/CDO。神戸生まれサッカー好き旅人。