Category Archives: EUROPE

LONDON(ロンドン):デビッド・ボウイゆかりの地を巡る旅

2017.3.7 Tue @London

2016年1月10日、デビッド・ボウイが星になってから1年ちょっと。ロンドンの街中で、ロック・スターと出会った。ブリクストン・ボウイが、ここで生きていた足跡が残っている。音楽は永遠に死なない。代表作「Space Oddity」「Ziggy Stardust」やラストアルバム「Black Star」を聴きながら、ロンドンで、デビッド・ボウイのゆかりの地を巡る追憶の旅に出かけた。

 

Brixton

<photo comming soon>

デビッド・ボウイが生まれ育ったBrixtonのアンダーグランド。

 

David Bowie Mural

Brixton Road

アルバム『Aladdine Sane』の表紙の壁画。今でも世界中から訪れるファンにより花束が添えられている。当時インターネットでも見たけど、地元人から聞いた話によると、他界してからしばらくの間ずっと道いっぱいに花束があふれていたそうだ。

 

Ritzy Cinema

生前デビッド・ボウイも演奏した、ライブハウスのある映画館。追憶イベントはこの場所を中心に行われた。

<photo coming soon>

 

40 Stansfield Road

<photo coming soon>

デビッド・ボウイが住んでいた家。今もなお花束が添えられる。

 

Heddon Street Aley

<photo coming soon>

アルバム『Ziggy Stardust』のジャケット撮影に使われた場所

<photo coming soon>

『Ziggy Stardust』の紋章

 

Trident Studios

<photo coming soon>

17 St. Anne’s Court, Wardour Street

『Space Oddity』を録音したレコーディングスタジオ。

 

 

執筆・撮影・編集

Ken Utsumi #u23ken

『World Odyssey: 世界23周の旅』5周目。2001年からノマドライフ。2003年トロント留学中に起業。Future Life/Work《未来の生き方/働き方》に挑戦し、海外留学・訪日外国人旅行・ドローン・Mac・クリエイティブ等を支援するエージェント、未来法人U23代表CEO/CDO。神戸生まれサッカー好き旅人。

London(ロンドン):Wembley Arena〜サッカーの聖地ウェンブリースタジアムの向かい側〜

2017 .3.4 Sun @London

ウェンブリー・アリーナについて

Wembley Arena(ウェンブリーアリーナ)は、イギリス・ロンドン、サッカーの聖地『ウェンブリースタジアム』の向かいにある12,500人収容するアリーナ(コンサート会場・屋内競技場)。ロンドンで第3位の収容人数を誇るアリーナ。1位はO2アリーナ、2位はアールズ・コート・エキシビション・センター。

旧称エンパイア・プール(Empire pool)。現在の名称はスポンサーに命名権を販売したためSSEアリーナ・ウェンブリー(The SSE Arena, Wembley)。SSE(Scottish and Southern Energy plc)は、スコットランドに本拠地があるイギリスとアイルランドの電力・ガス会社。

ウェンブリーアリーナの歴史:

1934年に屋内プール「エンパイアプール」を建設

1978年に多目的ホールに回収、ウェンブリーアリーナに改名。

スポーツ会場の例:

1948年ロンドン五輪

競泳・飛込競技・水球競技

2012年ロンドン五輪

新体操・バドミントン競技

1980年ボクシング世界タイトルマッチ「アラン・ミンターvsマービン・ハグラー」

ウェンブリーアリーナでのコンサート:

*エンパイア・プール時代を含む

ビートルズ *
ローリングストーンズ *
ザ・フー*
ピンクフロイド*
イエス*
U2
ジョージ・マイケル
ダイアナ・ロス
メタリカ
ブリトニー・スピアーズ
ザ・コアーズ
クリスティーナ・アギレラ
ビヨンセ
パールジャム
オアシス
ボブ・ディラン
マドンナ
ミューズ
BABYMETAL
X JAPAN (X JapanWorld Tour 2017 ライブレポート>
…etc

ウェンブリーアリーナの場所:

住所:Arena Square, Engineers Way, London HA9 0AA

ウェンブリーアリーナの地図:

ウェンブリーアリーナの外観:

ウェンブリーアリーナの中:

ウェンブリーアリーナの行き方:

ロンドンの地下鉄地図:

最寄駅1(最短・簡単):

Underground(地下鉄:Tube)・Metropolitan Line(紫の路線)or Jubilee Line(グレーの路線)のWembley Park駅

駅からの距離は、混雑なし徒歩で約10-15分。

*Metropolitan Line(快速)とJublilee Line(各停)は停車駅が異なるので注意。

ほとんどの人がスタジアムかアリーナに向かう。Wembley Park駅の改札を出た進めばスタジアムがすぐ見える。ウェンブリースタジアム(大きい方)の向かい側がウェンブリーアリーナ

最寄駅2:

Underground Bakerloo Line(茶色の路線)Wembley Central駅

駅からの距離は、徒歩15-20分ぐらい。

最寄駅3(遠方から来る人):

Chiltern Railways(チルターン・レイルウェイズ)のWembley Studium駅

駅からの距離は、徒歩15-20分ぐらい

ウェンブリーアリーナ周辺:

Wembley Park駅とスタジアム・アリーナの間にコンビニが少々。

アリーナの隣にBrent Civic Center、図書館、カフェがあり、待ち合わせに最適。

チケット売り場の場所:

向かって右側のボックスオフィスで、インターネットで予約購入した場合の発券、当日チケットの販売をしている。

ウェンブリーアリーナのチケット予約購入方法:

コンサート・ライブ・イベントにより異なり、ウェンブリーアリーナの公式ページのリンクからも予約して買える。

ウェンブリーアリーナ公式Web:http://www.ssearena.co.uk

イギリスのライブチケット購入サイト:

-TicketMaster(チケットマスター)

http://www.ticketmaster.co.uk

TimeOut(タイムアウト)

https://www.timeout.com/london/tickets

-VisitLondon.com(ヴィジットロンドンドットコム)

http://www.visitlondon.com/

-lastminute.com(ライトミニッツドットコム)

http://www.lastminute.com/

ウェンブリーアリーナのレビュー:

”交通アクセスが良い。見つけやすい。”

”入場の手際が悪い。”

”アリーナに座席はいらない。”

”広い。”

”ステージを遮るものがないから見やすい。”

”音響も良い。”

 


執筆・撮影・編集

Ken Utsumi #u23ken

『World Odyssey: 世界23周の旅』5周目。2001年からノマドライフ。2003年トロント留学中に起業。Future Life/Work《未来の生き方/働き方》に挑戦し、海外留学・訪日外国人旅行・ドローン・Mac・クリエイティブ等を支援するエージェント、未来法人U23代表CEO/CDO。神戸生まれサッカー好き旅人。

London(ロンドン):X JAPAN at ‘The SSE Arena, WEMBLEY’ -March 4th, 2017レポート

2017 .3.4 Sun London

2017年3月4日、ウェンブリー。もうすぐメジャーデビュー30周年、バンド結成40周年を迎えようかというX Japanの、同窓会にしない新作映画と新曲による、Rockの本場ロンドンでの挑戦。FANKS(*TM Networkファンの愛称)の僕を嫉妬させるに十分な、新しいX伝説の幕開けに立ち会ったと感じさせるような夜だった。小泉元首相でなくとも「感動した。」と言うだろう。ジャンルや次元は違えど、世界に挑戦する者なら、彼らの終わらない挑戦に、刺激を受けずにはいられない。

実は2010年の北米ツアーでトロントのマッセイホールに来た時もXのライブを観ている。あの時は、数千人のホールでもチケットは売れ残った。おかげでToshiの表情もわかる5列目ぐらいの距離で観れて個人的にはラッキー。一方で、よく日本の音楽業界である海外でライブしましたと箔をつけたいだけの記念ライブ感も否めなかったのは事実。

あのライブと比べると今回は遥かに進化し、ウェンブリーアリーナで1万人のファンが「We are X」と飛び叫んだ。現地に来ていたファンと23人ぐらいは話したところ、彼女たちはロンドンだけでなくマンチェスターやリバプールなどイギリス中からも、イギリスだけでなくスペインからもスェーデンからもヨーロッパ中から、もちろん日本や香港からのファンも来ていた。

席の周囲を見渡すと、前列にYoshikiとToshiのコスプレをした二人の運命共同体とトロントから来た旅人の自分を除き、話せる距離の観衆はみんな外国人のファン。New Orderのライブやクラブで会いそうなパンクなイギリス人もいれば、Blurを聴いてそうなブリットなかわいらしいフランス人もいた。1年前に行く予定だった友達が行けなくなったからと、余ったチケットを譲ってくれたのも中東から留学中の子。会場全体で見て7~8割ぐらいは外国人の印象。

過去の経験は多分に今回の成功の元となったはずだ。Pataの病気で1年延期したプレッシャーと意気込みも半端ではなかっただろう。ロンドンの地下鉄や街中でポスターを目にしたし、アルバム販売イベントも盛り上がり、アリーナを埋めるためにプロモーションに相当の力をいれていたと想像する。英語も必死でトレーニングしたんだろう。狙ってローカライズしたかのか結果的にそうなったのかわからないけれど、ロンドン仕様のライブに作り込まれていたように感じた。

まず、すごくよかったのが前座がわりにライブの前に流された映画『We are X』。Yoshikiの葛藤、Taijiの脱退、Hideの死、Toshiの洗脳といったXからX Japanにかけての歴史をハリウッドで製作したドキュメンタリー映画は質が高く、ファンの思い出を掘り起こし、予備知識なしに来た観客をファンに変える。日本の報道シーンをはじめて見た外国人も多い。謳い文句にあるように、Xを知らなかった観客が、映画を見終わる頃にはXのファンになるか、少なくともこのバンドの音楽を聴きたくなるだろう。そんな気持ちにさせた映画の終幕から間を入れずRusty Nailの演奏をスタート。もちろん一曲目から最高に盛り上がる。40分の上映遅れも帳消し。この映画もXもこれから世界でもっと評価される気がする。真似するミュージシャンも出てくるだろう。

つぎに、セットリストがいい。Xぐらいになれば、懐古主義に走ったり、過去の焼き回しになりかねない。そこをいつもの曲はほどほどに、英語歌詞の多いラストアルバム以降の曲や、全部英語の新曲をガンガン演奏した。外国人がEndless Rainやkurenaiを合唱するのを聞いて、その気遣いは必要だったのはかわからくなる。日本でOasisがライブをしたら日本人もDon’t look back in angerを合唱するようなものなのか、英語と日本語の立ち位置を考えるとちょっと違う気もする。MCは日本語のようにはいかずToshiの口数は少なめ。それでもYoshikiを中心にToshiもできる限りの英語で必死にしていたから外国人ファンは好感を持ったはず。

ニューアルバムのためにレコーディングをしたのもおもしろかった。使われているかどうかもわからない何万人の一の声だとしても、自分がコーラスを歌ったアルバムが完成したら聴きたくなるに決まっている。YoshikiとToshiの休憩時間をPataやHeathのギターやベースのソロで作るのは、お決まりの手法だがいいスパイスになる。Sugizoのバイオリンは新生X Japanの象徴的なシーン。HideやTaijiも懐かしい映像とともにセッションした。飛べ飛べ飛べとX Japmする。昔のライブでHideをステージに召喚したホログラムをまたやって欲しい。

個人的には、UKに敬意を込めたQueenやDevid Bowieがサプライズでもあり、ウェンブリーの印象として残っている。Bohemian Rhapsodyなんて日本人は歌える人は少ないから外国人ファンがリードしてくれた。ライブはオーディエンスで半分ぐらい決まる。客層がダサいと、どんなクールなミュージシャンも残念なライブになる。ウェンブリーでは、勘違いしてるのも一部いたけど、音楽の楽しみ方を知っているヨーロピアンがすごくいい感じの雰囲気を作ってくれた。

間延びする休憩や予定調和のダブルアンコールも愛嬌で、6時40分に映画が始まって23時近くまでのライブに関わらず、まだまだ聴きたかった曲が残っているのはさすが。KISSの誰かも言ってたように、もしXがUSのバンドなら世界的バンドになっていてもおかしくないとお世辞抜きに思う。いやこれからなっても驚かない。

<PR>

映画『We are X』は絶賛上映中。サントラCDも発売中。

 

X JAPAN at ‘The SSE Arena, WEMBLEY -March 4th, 2017

#0 Film ”We are X ~Wembley Special Edition”
#1 Rusty Nail
#2 HERO
#3 JADE
#4 Kiss The Sky
#5 Beneath The Skin
#6 Pata Guitar solo
#7 Heath Bass solo
#8 Drain
#9 Sugizo Violin solo
#10 La Venus
#11 MC ~Say Anything
#12 Born To Be Free
#13 Kurenai

Encore 2
#14 Yoshiki Piano solo ~ Drum solo
#15 Without You
#16 I.V.
#17 X

Encore 2
#18 Bohemian Rhapsody
#19 Space Oddity
#20 Endless Rain
#21 Sugizo Violin solo
#22 Yoshiki Piano Solo
#23 Art of Life

SE
# Ending Tears
# Ending Forever Love
# Say Anything


執筆・撮影・編集

Ken Utsumi #u23ken

『World Odyssey: 世界23周の旅』5周目。2001年からノマドライフ。2003年トロント留学中に起業。Future Life/Work《未来の生き方/働き方》に挑戦し、海外留学・訪日外国人旅行・ドローン・Mac・クリエイティブ等を支援するエージェント、未来法人U23代表CEO/CDO。神戸生まれサッカー好き旅人。